2021.10.08

「日経コロナ回復指数」で対象の121カ国・地域中でフィリピン最下位!!

【Pick Up News】
6日、日経新聞社が、コロナ禍からの社会・経済の回復度合いを示す「日経コロナ回復指数」を公表し、フィリピンは調査対象の121カ国・地域中で最下位となりました。
フィリピンは防疫規制に伴う移動制限が非常に厳しいにもかかわらず、感染者数が高水準であること、コロナワクチン接種が低水準であることから非常に厳しい評価となったとのことです。
「日経コロナ回復指数」は、日本経済新聞社が専門家の意見を踏まえて作成しているもので、感染抑制状況、ワクチン接種の進展、移動制限の緩和という3つの観点のデータで構成されており、単位人口あたりの感染者数、接種率、米グーグルが公開するヒトの移動のデータなど計9つの指標が用いられ90点を上限に指数化されたものです。点数が高ければ高いほどコロナ禍からの回復が進んでいることを表しますが、フィリピンは30.5ポイントという低評価になりました。

※こちらの記事は《DMCI Homes Japanメールマガジン フィリピン不動産に関連する情報や時事ニュースを配信》をもとに再編集したものです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【About Us】
フィリピン最大手の建設会社として60年間の信頼と実績。
長年愛され続けている理由があります。
DMCI Homesは、フィリピンの最大手建設会社DMCIグループを母体に持つフィリピンを代表するコンドミニアム開発会社(ディベロッパー)です。
DMCIグループが建築会社として培ったきたノウハウは、住居だけでなく、有名ホテル、商業施設、高速道路スカイウェイ、鉄道や
ブルネイ王国の宮殿の建築を担うほどまでに世界的な評価を受けております。
メトロマニラを中心に40,000室、50物件以上のコンドミニアム分譲実績があります。
不動産の物件見学から購入まで日本人の担当者が親切、丁寧にご対応させて頂きます。
海外不動産投資に興味のある方はぜひお問い合わせください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お問い合わせ