2021.10.11

2020年の出生数、過去34年間で最低の記録!!新型コロナウイルスの影響で家族計画手法を使用する比率が増加!!婚姻数も大幅減!!

【Pick Up News】
フィリピン統計庁(PSA)が出生数に関する予備報告を行い、2020年の出生数は前年比約9.5%減の151万6042人へと急減、エドサ革命が起こった1986年の149万3995人以来、過去34年間で最低の記録となったことが明らかになりました。
新型コロナウイルス対策としての外出・移動制限措置にともなう巣篭りによって、出生数が大幅増加するという予想がなされていましたが、真逆の現象になった形となりました。
これは、パンデミック禍での妊娠・出産にはリスクがあり、困難や不便さを伴うという認識と経済的負担回避という意向が高まり、家族計画手法を使用する比率が増加したことによるとみられています。
2021年も出生数減少は続いており、第1四半期(1月~3月)の出生数は約26万8000人で、近年の平均約35万人を23%も下回っている状況です。出生数に大きく関係する婚姻数も急減しており、2020年の婚姻数は24万138組で、2019年の43万1972組を44%も下回り、過去20年間で最低となっています。

※こちらの記事は《DMCI Homes Japanメールマガジン フィリピン不動産に関連する情報や時事ニュースを配信》をもとに再編集したものです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【About Us】
フィリピン最大手の建設会社として60年間の信頼と実績。
長年愛され続けている理由があります。
DMCI Homesは、フィリピンの最大手建設会社DMCIグループを母体に持つフィリピンを代表するコンドミニアム開発会社(ディベロッパー)です。
DMCIグループが建築会社として培ったきたノウハウは、住居だけでなく、有名ホテル、商業施設、高速道路スカイウェイ、鉄道や
ブルネイ王国の宮殿の建築を担うほどまでに世界的な評価を受けております。
メトロマニラを中心に40,000室、50物件以上のコンドミニアム分譲実績があります。
不動産の物件見学から購入まで日本人の担当者が親切、丁寧にご対応させて頂きます。
海外不動産投資に興味のある方はぜひお問い合わせください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お問い合わせ