2021.10.14

16日から首都圏の防疫措置が警戒レベル3に緩和!!経済の活性化に大きな期待!!

【Pick Up News】
 13日、ロケ大統領報道官による会見が行われ、16日から31日にかけて首都圏の防疫措置が、現行の警戒レベル4からレベル3に緩和されることが明らかになりました。
マニラ首都圏での新型コロナ感染症例の減少を受け、新型感染症省庁間タスクフォース(IATF)での会議によって緩和措置が承認されたとのことです。
これまでの規制では、飲食店、美容院・理容室、ネイルスパ、フィットネスジムを除く3密の恐れのある業種の営業が禁止されていましたが、警戒レベルの引き下げにより、ほとんどの業種で定員の30%を上限に営業活動が再開されることになります。
一方で、引き続き営業が禁止されるのは、映画館などの娯楽施設、カラオケバーやコンサートホールなどパフォーマーのいる施設、遊園地や遊び場など子ども向け施設等となっています。
屋外での運動は全面的に解禁されることとなり、移動も認められるようになります。
長く続いていた厳しい外出規制・移動制限が緩和されることによって、経済活動の活性化に期待が高まっています。

※こちらの記事は《DMCI Homes Japanメールマガジン フィリピン不動産に関連する情報や時事ニュースを配信》をもとに再編集したものです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【About Us】
フィリピン最大手の建設会社として60年間の信頼と実績。
長年愛され続けている理由があります。
DMCI Homesは、フィリピンの最大手建設会社DMCIグループを母体に持つフィリピンを代表するコンドミニアム開発会社(ディベロッパー)です。
DMCIグループが建築会社として培ったきたノウハウは、住居だけでなく、有名ホテル、商業施設、高速道路スカイウェイ、鉄道や
ブルネイ王国の宮殿の建築を担うほどまでに世界的な評価を受けております。
メトロマニラを中心に40,000室、50物件以上のコンドミニアム分譲実績があります。
不動産の物件見学から購入まで日本人の担当者が親切、丁寧にご対応させて頂きます。
海外不動産投資に興味のある方はぜひお問い合わせください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お問い合わせ