2022.01.11

3日連続となる新規感染者数過去最多更新も、ノグラレス大統領報道官代行は即座の警戒レベル引き上げを否定!!

【Pick Up News】
10日、ノグラレス大統領報道官代行が会見を開き、警戒レベル4に引き上げの可能性が出ているマニラ首都圏の防疫措置に関して言及、「首都圏はレベル引き上げの基準をまだ満たしていない」との見解を述べ、即座の引上げを否定しました。
10日には全国の新規感染者数が3万3169人となり、3日連続で過去最多を更新したものの、ノグラレス氏は「3つの数字について、積極的な監視を続けている。1つ目の数字が過去2週間の感染者増加率、2つ目が1日の平均罹患率で、首都圏ではいずれも高い。しかし、3つ目の医療施設利用率においては、現在首都圏の病床のそれは中程度のリスクに留まっていることから、レベル4への条件は満たしていない」との見方を示しています。
また、コンセプション大統領顧問(企業家養成担当)は「年末年始シーズンが終わり、第1四半期は消費活動が緩やかになる。規制を強化しなくても国民の移動・活動は劇的に減る。さらに今時の感染急増で自主的に外出を控える公算が高い」として「レベル4への引き上げは必要ない」との声明を出しています。

※こちらの記事は《DMCI Homes Japanメールマガジン フィリピン不動産に関連する情報や時事ニュースを配信》をもとに再編集したものです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【About Us】
フィリピン最大手の建設会社として60年間の信頼と実績。
長年愛され続けている理由があります。
DMCI Homesは、フィリピンの最大手建設会社DMCIグループを母体に持つフィリピンを代表するコンドミニアム開発会社(ディベロッパー)です。
DMCIグループが建築会社として培ったきたノウハウは、住居だけでなく、有名ホテル、商業施設、高速道路スカイウェイ、鉄道や
ドバイにある世界最大の人工島「パームジュメイラ」の建築を担うほどまでに世界的な評価を受けております。
メトロマニラを中心に40,000室、50物件以上のコンドミニアム分譲実績があります。
不動産の物件見学から購入まで日本人の担当者が親切、丁寧にご対応させて頂きます。
海外不動産投資に興味のある方はぜひお問い合わせください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お問い合わせ