2022.01.12

新型コロナ感染再拡大で解熱鎮痛剤の流通量が不足に!!政府はモルヌピラビルの国内製造準備へ!!

【Pick Up News】
新型コロナの感染再拡大が深刻な状況になり、マニラ首都圏を中心にパラセタモールなどの解熱鎮痛剤の流通量が不足する問題が生じています。
これを受けて、貿易産業省と保健省は11日に合同通達を発令、薬局店での解熱鎮痛剤の販売量を制限することを明らかにしました。パラセタモールを含む薬剤については、500ミリグラム錠剤で一人当たりの窓口での販売量を20個までに、一世帯に対しては60個までに制限したほか、60ミリリットルの懸濁剤の場合は一人5個、一世帯で10個までなどと具体的な制限が定められたとのことです。
貿易産業省付属機関である投資委員会(BOI)は、フィリピンの有力製薬企業ロイド・ラボラトリーズによる、米国製薬大手メルクが開発した新型コロナウイルス感染症の経口薬モルヌピラビルの現地生産に関する投資優遇措置申請を承認し、モルヌピラビルの国内製造準備も進めているとのことで、ラモン・ロペス貿易産業相は「フィリピン医薬品企業がモルヌピラビルの現地生産を計画している。モルヌピラビルが当地で生産される場合は、ジェネリック医薬品のようになるため、手頃な価格で供給されることになろう。現地生産が実現すれば、国民にとって大きな朗報になる」との声明を出しています。

※こちらの記事は《DMCI Homes Japanメールマガジン フィリピン不動産に関連する情報や時事ニュースを配信》をもとに再編集したものです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【About Us】
フィリピン最大手の建設会社として60年間の信頼と実績。
長年愛され続けている理由があります。
DMCI Homesは、フィリピンの最大手建設会社DMCIグループを母体に持つフィリピンを代表するコンドミニアム開発会社(ディベロッパー)です。
DMCIグループが建築会社として培ったきたノウハウは、住居だけでなく、有名ホテル、商業施設、高速道路スカイウェイ、鉄道や
ドバイにある世界最大の人工島「パームジュメイラ」の建築を担うほどまでに世界的な評価を受けております。
メトロマニラを中心に40,000室、50物件以上のコンドミニアム分譲実績があります。
不動産の物件見学から購入まで日本人の担当者が親切、丁寧にご対応させて頂きます。
海外不動産投資に興味のある方はぜひお問い合わせください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お問い合わせ