2022.03.11

プヤット観光相が「4月までに全ての国から外国人観光客を受け入れることを望んでいる」と発言!!観光業の本格的な再活性化に期待!!

【Pick Up News】
10日、プヤット観光相が会見を開き、フィリピンへの渡航制限に関して言及し、4月までに全ての国と地域からの外国人観光客受け入れを再開できることを望んでいるとの考えを明らかにしました。
フィリピンでは現在、日本を含むビザなしでの入国が認められている157カ国からの渡航者で、新型コロナワクチンの接種完了者のみを受け入れている状況で、観光客受け入れが再開された2月10日から3月8日までの入国者数は計7万3718人を記録しており、主に米国、カナダ、韓国、オーストラリア、日本、ドイツ、ベトナムからだとのことです。
新型コロナパンデミックが始まる以前は、1年で約828万人の観光客が訪れていただけに、観光業の再活性化には更なる門戸開放と受け入れ体制の整備が必要とされており、プヤット観光相は「願わくば4月までに、遅くとも多くの学生が夏休みに入る6月までには全ての国から観光客を受け入れる体制を整えたい」と語っています。

※こちらの記事は《DMCI Homes Japanメールマガジン フィリピン不動産に関連する情報や時事ニュースを配信》をもとに再編集したものです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【About Us】
フィリピン最大手の建設会社として60年間の信頼と実績。
長年愛され続けている理由があります。
DMCI Homesは、フィリピンの最大手建設会社DMCIグループを母体に持つフィリピンを代表するコンドミニアム開発会社(ディベロッパー)です。
DMCIグループが建築会社として培ったきたノウハウは、住居だけでなく、有名ホテル、商業施設、高速道路スカイウェイ、鉄道や
ドバイにある世界最大の人工島「パームジュメイラ」の建築を担うほどまでに世界的な評価を受けております。
メトロマニラを中心に40,000室、50物件以上のコンドミニアム分譲実績があります。
不動産の物件見学から購入まで日本人の担当者が親切、丁寧にご対応させて頂きます。
海外不動産投資に興味のある方はぜひお問い合わせください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お問い合わせ