2022.08.04

ルソン島北部で発生したマグニチュード7の地震による被害が明らかに!!マルコス大統領は「被災者救援に全力を尽くす」と明言!!

【Pick Up News】
7月27日にルソン島北部コルディリエラ行政区のアブラ州を中心に発生したマグニチュード7の地震について、国家災害対策本部は3日、死者10人、負傷者数410人、インフラ被害額は推定12億6000万ペソになったと発表しました。
家屋被害は一部損壊・半壊が2万8350件、全壊が438件で、6万5858人が避難所生活をしているとのことです。
マルコス大統領は28日に被災地のアブラ州を訪れ、仮設病院などを視察、自治体職員らから被害状況と捜索・救助活動の報告を受けた後、「政府と自治体が協力して、震災によって家が失われた人々など、助けが必要な人々に適切な支援を約束する」との声明を出し、政府として被災者救援に全力を尽くす方針を示しました。
日本政府も国際協力機構(JICA)を通じて、テントや寝袋、発電機などの緊急援助物資をフィリピン政府に贈呈するなど、国内外からの救援物資が続々と集まっているものの、橋梁の損壊や地すべり、道路の損害などのインフラ被害によって、被災地への供給作業は依然として難航しているとのことです。

※こちらの記事は《DMCI Homes Japanメールマガジン フィリピン不動産に関連する情報や時事ニュースを配信》をもとに再編集したものです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【About Us】
フィリピン最大手の建設会社として60年間の信頼と実績。
長年愛され続けている理由があります。
DMCI Homesは、フィリピンの最大手建設会社DMCIグループを母体に持つフィリピンを代表するコンドミニアム開発会社(ディベロッパー)です。
DMCIグループが建築会社として培ったきたノウハウは、住居だけでなく、有名ホテル、商業施設、高速道路スカイウェイ、鉄道や
ドバイにある世界最大の人工島「パームジュメイラ」の建築を担うほどまでに世界的な評価を受けております。
メトロマニラを中心に40,000室、50物件以上のコンドミニアム分譲実績があります。
不動産の物件見学から購入まで日本人の担当者が親切、丁寧にご対応させて頂きます。
海外不動産投資に興味のある方はぜひお問い合わせください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お問い合わせ