2022.08.06

7月の総合インフレ率が3年9カ月ぶりの高水準となる6.4%に!! インフレ期待が賃金上昇を促し、賃金上昇が価格に転嫁する「物価上昇の二次的効果」も!?

【Pick Up News】
5日、フィリピン統計庁(PSA)が7月の総合インフレ率を発表し、2018年10月の6.9%以来、3年9カ月ぶりの高水準となる6.4%を記録したことが明らかになりました。
前月の6.1%に続く2カ月連続の6%超えとなり、フィリピン中央銀行(BSP)の直前予想(5.7%~6.5%)の範囲内に辛うじて収まったものの、1~7月の平均インフレ率は4.7%となり、BSPの目標レンジ(2~4%)を超過する結果となっています。
加速するインフレ率上昇は、原油価格上昇に伴う石油製品や交通費の値上がり、構成比最大項目の食品の値上がり、ペソ安などが主な要因と見られており、BSPのメダリヤ総裁は「物価上昇の二次的効果が働いている」とも指摘、「高進したインフレ期待が賃金上昇を促し、賃金上昇が価格に転嫁され始めた」と説明しています。
物価上昇の二次的効果はまだ始まったばかりとの見方もあり、本格化すれば、急速なインフレ率上昇につながる危険が指摘されています。メダリヤ総裁は「中期的にインフレ率を目標レンジに導くためあらゆる必要な措置を講じる準備はできている」として、18日に開催が予定されている金融政策を決めるBSPの金融政策決定会合によってどのような対策措置が講じられるか、大きな注目が集まっています。

※こちらの記事は《DMCI Homes Japanメールマガジン フィリピン不動産に関連する情報や時事ニュースを配信》をもとに再編集したものです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【About Us】
フィリピン最大手の建設会社として60年間の信頼と実績。
長年愛され続けている理由があります。
DMCI Homesは、フィリピンの最大手建設会社DMCIグループを母体に持つフィリピンを代表するコンドミニアム開発会社(ディベロッパー)です。
DMCIグループが建築会社として培ったきたノウハウは、住居だけでなく、有名ホテル、商業施設、高速道路スカイウェイ、鉄道や
ドバイにある世界最大の人工島「パームジュメイラ」の建築を担うほどまでに世界的な評価を受けております。
メトロマニラを中心に40,000室、50物件以上のコンドミニアム分譲実績があります。
不動産の物件見学から購入まで日本人の担当者が親切、丁寧にご対応させて頂きます。
海外不動産投資に興味のある方はぜひお問い合わせください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お問い合わせ