2021.08.07

7月のインフレ率4.0%!!2021年では最も低く、政府目標の上限値まで低下!!

【Pick Up News】
5日、7月の消費者物価指数上昇率(インフレ率)がフィリピン統計庁(PSA)によって発表されました。
発表によると7月期は4.0%を記録、6月の4.1%を下回り2021年では最も低く(7月までの2021年の平均値は4.4%)、2%〜4%と設定されている政府目標の上限まで下がった形となりました。
7月のインフレ率の減速は、交通・輸送費が低下したことなどによる非食品価格の上昇率が鈍化したことが主な要因として挙げられていますが、悪天候の影響でトウモロコシや魚類、油・ 油脂、野菜などが値上がりしたことで、全体のインフレ率低下は小幅なものに留まりました。
今後のインフレ率の推移に関してフィリピンの中央銀行は、「年末には減速して政府目標内に戻る可能性がある」としながらも「供給網の制約による国際的な商品価格の上昇と、世界的な需要の回復は、インフレ率を上昇させる可能性がある」との声明を出しています。

※こちらの記事は《DMCI Homes Japanメールマガジン フィリピン不動産に関連する情報や時事ニュースを配信》をもとに再編集したものです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【About Us】
フィリピン最大手の建設会社として60年間の信頼と実績。
長年愛され続けている理由があります。
DMCI Homesは、フィリピンの最大手建設会社DMCIグループを母体に持つフィリピンを代表するコンドミニアム開発会社(ディベロッパー)です。
DMCIグループが建築会社として培ったきたノウハウは、住居だけでなく、有名ホテル、商業施設、高速道路スカイウェイ、鉄道や
ブルネイ王国の宮殿の建築を担うほどまでに世界的な評価を受けております。
メトロマニラを中心に40,000室、50物件以上のコンドミニアム分譲実績があります。
不動産の物件見学から購入まで日本人の担当者が親切、丁寧にご対応させて頂きます。
海外不動産投資に興味のある方はぜひお問い合わせください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お問い合わせ